呼びかけ/申し合せ

「あたらしい憲法のはなし」より 私たちは、この横須賀で生活し、仕事をし、子どもを育てている市民の集まりです。私たちが住むこの街は、戦後、平和憲法があるにもかかわらず米軍基地があり続け、ベトナム戦争、湾岸戦争、9.11以降のアフガニスタン、イラクへの攻撃の拠点になっています。

そして今、通常型空母の退役に伴い、アジア中東の国々にとってより脅威となる原子力空母ジョージ・ワシントンの横須賀母港化が、住民投票を願う多数の市民の声を聞くことも無く、放射能事故に対する十分な安全性の説明も無いまま、実施されてしまいました。

憲法を変えてまで日本を「戦争をする国」にするのではなく、憲法に謳われている武力に頼らない平和、人間の尊厳を何より大切にした社会の実現を求めます。私たちは、この一点で広く手をにぎり、その輪を拡げ、この基地のある横須賀から改憲NOの意思表示をしていく仲間をつのります。

会員をつのります

横須賀市民九条の会は、市民の集まりです。だからこそ大勢の人に呼びかけ、語りかけることに意味があると考えています。

ご参加いただける方は参加申し込み書をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、下記FAX番号まで送信ください。

横須賀市民九条の会 参加申し込み書 (呼びかけ付)
FAX:046-849-8099

※個人情報の保護に関する法律に基づき、皆様の個人情報は責任を持って管理します。



「横須賀市民九条の会」は、「九条の会」(2004年6月発足)のアピールに賛同し、2005年5月29日に発足しました。 第1回全体交流会(2011年6月25日)にて、以下の事項を申し合せました。
なお、次のタイトルをクリックすると、この内容のPDFファイルが開きます。 印刷などにご使用下さい。

申し合せ



「横須賀市民九条の会」の考え方を伝え、加入を呼びかけるリーフレットを発行して駅頭宣伝や地域での全戸配布を行っています。
A4・裏表・袋三つ折り形式(第6集はジャバラ折り)です。以下の名前をクリックするとPDFファイルが開きます。

9条リーフレット



ホームにもどる